Yサー♪のアクティブスタイル vol.2

待ってましたの南ア南部縦走 その1 一日目

2013年7月13〜15日



ルート

【一日目】 鳥倉登山口→烏帽子岳→小河内岳→板屋岳→荒川前岳→荒川小屋








いよいよやって来ました海の日三連休。

去年の6月からの易老度の通行止めも解除になり今年も南アルプスで去年の歌宿から三伏峠の続きを縦走しました。




0時に飯田インターを出て易老度へ。

手前約8km夜間通行止めの柵はどかして入る気満々だったけど、チェーンでしっかり通れないよーにしてあるし。






この連休からタクシーのみ早朝通行可にしたから文句の出ないようにこーしたんだろーね。

さーヤバいしどーしよーって話だけど、とりあえず明るくなってからどんな状況になるかを待つことに。

明るくなりだした頃に関係者らしき人が来たり、チェーンくぐって出発する人いたり、それをさせないために警官が来たり。






まぁ結論としては、タクシーの人は5時半に通れて一般車両は8時半てのは揺るがない話だったんで、ここにクルマ置いて5時に原チャで鳥倉に向け出発。

そして7時に鳥倉から登山開始。



激混みでけっこー手前にもクルマ停まってました。




三伏峠にはサクッと2時間弱で到着。






既にテントいっぱい。






さーて去年の続きの始まり始まり。






お花畑に出て稜線は残念ながらガスまみれ。






最初の山頂は烏帽子岳。






続いて小河内岳だけど、まずは避難小屋へ。





中覗いたら管理人のご夫婦ともう一人いました。




そして残念な山頂。






晴れてりゃステキな稜線歩きだったろーになー。






小河内岳から先は樹林帯歩き。

しばらく進んで大日影山が見えてきた。






左向けば小河内岳が姿を現してきたし。 タイミング悪ぅ〜。






そして板屋岳は展望無し。



ここで昼飯。




進行方向のガスもなくなってきて崩壊地にでました。






右には奥茶臼岳。






ここから見る大日影山や板屋岳。






いろいろ見えてテンションあがってきたところで赤い屋根の小屋登場。






高山裏避難小屋です。








荒川東岳が見えた。



前岳と中岳も晴れてちょーだい。




避難小屋なんでここのテン場は狭いかと思ってたけど、意外とスペースありました。






さーていよいよ次は荒川岳。

頑張る前に水場でリフレッシュ。






大したことないけど1ヶ所クサリの付いたトラバース道を進んで地図の小広場になってる所からの眺め。



塩見は残念ながら見えず。




ここからは苦行の登り。






森林限界到達。 ガレ場の登り。












崩れた脇を進みます。





ここいらからは雨が降り出し風もどんどん強くなる始末。




三年ぶりの前岳に到着。



吹っ飛ばされそーなんで、写真撮ったら即退散。




中岳は諦め小屋へと下ります。






水場を過ぎたらぐらいから荒川小屋が見えたり見えなかったり。

東岳は行けなかったけど、1日目で荒川小屋到着すればこの先予定どーり易老岳まで行けるんで一安心。

そしてここで一日前から入山してたお友達と合流。

同じく鳥倉スタートして昨日は高山裏避難小屋でテントの今日は荒川東岳に行っての合流でした。

雨が弱くなるまで小屋玄関でビール飲みながら居座ってからテント設営。

明日は初の聖岳で晴れること願っておやすみなさいしときました。
  1. 2013/09/02(月) 20:19:53|
  2. 2013年 山旅|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0
<<南アルプス端から端へ   高塚山 | ホーム | 待ってましたの南ア南部縦走 その1 二日目   赤石岳 聖岳>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ysa2.dtiblog.com/tb.php/129-5dded56f

gucci 財布

Yサー♪のアクティブスタイル vol.2 待ってましたの南ア南部縦走 その1 一日目
  1. 2013/10/19(土) 17:49:06 |
  2. gucci 財布