Yサー♪のアクティブスタイル vol.2

待ってましたの南ア南部縦走 その1 二日目   赤石岳 聖岳

2013年7月13〜15日



 百名山  赤石岳 3120m

        聖岳 3013m



ルート

【二日目】 荒川小屋→赤石岳→大沢岳→中盛丸山→兎岳→聖岳→聖平小屋








雲は多いながら視界良好な二日目の始まり。



富士山やっと見れたね。




それじゃ赤石岳に向け出発。






大聖寺平では小渋川からの道をチョイと覗き見。

肩への登りでは荒川岳がバッチリ見えます。 今日行きたかったな〜。






肩の先には小赤石岳。






久しぶりの赤石岳、楽しみだ。






途中で雷鳥の親子と遭遇。

おいてかれた雛を親元へとお届け。



チョーかわいーし。




二度目の赤石岳。 バックは聖岳。






荒川岳は隠れちゃったわ。






避難小屋でドリップコーヒー飲みながら小屋の管理人の話を聞いたりなんかしてから赤石岳を出発。






ここから先は未知の領域。 スッゲー楽しみ♪








こっちから見る赤石岳はデカいね。






フラットなこの場所は百聞平。






百聞洞まではフザけんなってぐらい下ります。



大沢岳の登りもフザけてるし。




樹林帯に突入し、下りきったところが百聞洞のテン場。

ザック置いて小屋を偵察。






聖が見れる展望台あり。






テン場に戻って昼飯食ったら双児峰の大沢岳へ。






奥のピークに大沢岳の標柱。






次は中盛丸山。 でも見えない。






しらびそ峠からの道との合流点。






そして百聞洞下降点を過ぎれば中盛丸山への登り。






この山頂は何もナシ。






次は兎岳。






小兎では本日千枚小屋からスタートの方が腹ごしらえ中。






目の前の広場は水場への下り口。 テントもOKな場所。



水場へは5分もありゃ到着。 水量は多くないけどしっかり流れてた。




兎とは名ばかりの全く可愛いげのない登り。






山頂だピョン。






三角点にも行っといたピョン。






赤石・荒川は見えなかったけど、兎岳からの景色。






戻って次はいよいよ聖岳。 ちょっと下ると兎岳避難小屋あり。



小屋前にテント数張りOK。




外身はボロだけど、中は数年前にリニューアル済み。



トイレはないけど、携帯トイレを用意してくれてあります。




聖岳は絶対晴れてもらわな困るけど、またガスってきちゃった。






晴れること信じて進むも雨降ってくるし、そして森林限界越えたら風も強くて最悪。








ガタ落ちのテンションで歩みも遅くなりダラダラだったけど、山頂手前で雨止んでくれて聖岳登頂。 そして好天の兆し。








そして奥聖へ。






ホント嬉しーわ。








聖岳に戻ってこの日の縦走振り返る。












まだまだ聖岳にいたいけど、時間は17時過ぎ。 急いで小屋に向かわねーと。





明日の上河内に茶臼も楽しみだし。 光岳も行かないとな。




山頂っぽくないけど小聖岳。



こっちから見る聖のほーがイカしてるね。




このあとはチャッチャと下りて便ヶ島からの道と合流。






聖平小屋まであとチョット。








木道の先には聖平小屋があって長丁場の2日目が終了。

受付してサービスのフルーツポンチもらってテン場へ。

飯食う頃には暗くなってちゃったけど、しっかりビールも飲んで明日に備えておやすみなさいでした。
  1. 2013/09/08(日) 13:41:38|
  2. 2013年 山旅|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0
<<待ってましたの南ア南部縦走 その1 一日目 | ホーム | 待ってましたの南ア南部縦走 その1 三日目   上河内岳 茶臼岳>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ysa2.dtiblog.com/tb.php/130-6cb86d34

gucci 財布

Yサー♪のアクティブスタイル vol.2 待ってましたの南ア南部縦走 その1 二日目   赤石岳 聖岳
  1. 2013/10/19(土) 17:49:09 |
  2. gucci 財布