Yサー♪のアクティブスタイル vol.2

北海道に向けトレーニング   佐武流山 苗場山

2013年8月4日



 二百名山  佐武流山 2192m

 百名山  苗場山 2145m



ルート

ドロノキ平→ワルサ峰→佐武流山→ナラズ山→赤倉山→苗場山→猿面峰→大赤沢コース一合目








翌週からの北海道に向け長めに行動したかったから、前から狙ってた佐武流山から苗場山の縦走しました。




117号沿い405号を左折せずすぐ左にある津南の町営駐車場で仮眠し、3時半起きでコンビニ寄って下山する大赤沢一合目へ。

登山口までは全舗装の道だったけど、小赤沢と違って誰もいなく駐車スペースもわずかで寂しすぎ。

原チャで向かった先は国道405号をさらに奥へと進み、切合温泉手前の佐武流山登山口のドロノキ平。



駐車場はなく路駐になります。 トイレ無しの水場あり。




それじゃスタート。

コースタイム的には明るい時間に下山できるだろーけど、余裕できるまでは急ぎます。

最初は登山道だけど、途中から林道に。



この林道歩きがが意外と長いですから。




沢への下降点に着きました。



スッゲー急いだのに10分しか詰められなかった。




水流の強い渡渉だけど、靴は脱がずでOK。






ここからが登りの開始です。



最初はなかなかの急登。




物思平。 ぶっしだいら?何て読む?






泥と木の根いっぱいで足元はスリッピー。






右にはとんがりピークの猿面峰。






ワルサ峰に到着。 ここは眺めの良い山頂。






苗場山にゃ暗雲立ち込めてます。






左手前のピークの先が西赤沢源頭で、まずは右の佐武流山へ。








坊主平。






山頂手前からはオープンな道に。






3時間チョットで到着。 






山頂には20分ほど滞在で縦走開始。






西赤沢源頭から10分の水場はどこにあるかわからんかった。






次はナラズ山。






下りきってちょっとしたら土舞台なるとこ。 テント数張りOKな場所。






山頂近くなってくると、倒木乗り越え笹をかきわけてナラズ山到着。








次は赤倉岳。






振り返ってナラズ山。






オープンな道は残念ながら山頂の手前まで。






木に覆われてから赤倉山までは何気に長かった。



ここで昼飯。




山頂からすぐに山口館への道があって苗場山に向け快調にとばしてると雨降ってきてどんどん強くなりレインウェア着るハメに。

またオープンな道になったら池糖にニッコウキスゲ。






そして苗場山の台地に上がる頃には雨止んで、木道現れ高層湿原エリアに。










少し登ったところには苗場山神社。






すぐ先で小赤沢からの道と合流して自然体験交流センターに到着。








これを楽しみに縦走してきたから。






そして山頂。 三度目の苗場山は初の残念な天気に。



下山は目の前の大赤沢新道です。




少し下りれば雲から脱出で猿面峰が現れました。






右には冬お世話になってる三角に霧ノ塔。






高いとこは中尾根んトコのピーク。






天狗の庭なんてあり。






苗場山はすっかり晴れちゃってタイミング悪っ。






猿面峰。 七合目にもなってます。






ここからの下りでは小赤沢三合目の駐車場が見えた。








あとは駆け下りて大赤沢一合目到着でお疲れ様でした。



実働9時間ぐらい?




途中他の登山口を偵察してから原チャ回収して湯沢に戻り、駒子の湯でサッパリして17号沿いにあるラーメン屋の維新でつけ麺食って帰宅でした。
  1. 2013/09/17(火) 21:07:15|
  2. 2013年 山旅|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0
<<待ってましたの南ア南部縦走 その2 二日目   池口岳 | ホーム | さよーなら ステーキGu〜>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ysa2.dtiblog.com/tb.php/134-45920241

グッチ アウトレット

Yサー♪のアクティブスタイル vol.2 北海道に向けトレーニング   佐武流山 苗場山
  1. 2013/10/19(土) 17:49:01 |
  2. グッチ アウトレット